アパート・マンションの鍵は複製しても良い?悪い?

賃貸マンションを契約し、管理会社や家主から鍵を受けている限り、多くの人々は「ここに新しい人生が始まる」ということに興奮しています。

しかし、賃貸物件の鍵を取り扱う際の規則はあります。特に、鍵の鍵を作ると思うときには注意が必要です。

このコラムでは、私が賃貸物件の鍵を作りたいときに何をすべきか、何をどう見ているかを説明します。

注意のポイントを掴み、あなたの新しい人生を楽しませましょう。

家賃の鍵を作るときに覚えておくべきポイント

賃貸物件には、「原則的に禁止されている」キーがある場所があります。

これには2つの理由があります。

キーはマネージャによっても所有されています

賃貸物件の場合、部屋だけでなく鍵も借りています。

元の鍵の所有者は管理者であり、居住者ではありません。

したがって、鍵交換をしないことが想定されるレンタルや不正な鍵生成が多く発生します。

テナントの安全を守るため

賃貸物件の所有者は、テナントの安全を守るために環境を設定する義務があります。

許可なしにキーキーを作成し、所有者が乗客に何らかの問題を引き起こした場合、管理者はその義務を無視します。

以上の理由から、賃貸物件において鍵を作ることは原則禁止されている賃貸が数多くある。

キーキーが本当に必要な場合は、マネージャーに相談してください。

キーを作成するときは注意してください

あなたが安全に許可を得て実際に鍵を作るときには注意する必要があるのは「元の鍵から作る」ことです。

すでに存在している既存のキーを使用すると、もともと一致するキーの繊細な形状エラーが大きくなり、キーホールにうまく収まりきらない可能性があります。

「プライマリキー」は、あなたが入居時にマネージャに渡したキーなので、賃貸物件のキーを忘れないようにしてください。

また、キーを作成する代わりに、「使用しないときは」注意しないでください。

賃貸物件に関しては、マスターキーは元のキーと同じキーを所有する。

したがって、退室するときに鍵を返す必要があります。

返却しない場合は、物件の扉や鍵そのものを交換する必要がありますので、料金が請求されることがあります。

プロパティを離れるときは、元のキーだけでなく、マネージャにすべてを渡しましょう。

キーキーを作成できないことがありますか?

あなたが鍵を作ることを決めたとしても、問題なく創作を終えることができると多くの人が考えると思います。

キーの種類がディンプルキーと呼ばれるキーである場合、マッチングキーを作成することは難しいので、注意する必要があります。ディンプルキーは、キーホールに挿入される部分の表面に多くの装飾が施されており、従来の一般的なキーより複雑になっている。

同様に、挿入側のシリンダー内部は複雑な構造であるため、ピックアップが困難であるという大きな特徴があります。

上述したように、セキュリティ上非常に安全なディンプルキーであるが、「キーキーを作ることは難しい」という不利な点がある。

ディンプルキーを作成するときは、専用のプロダクションマシンを使用します。

ディンプルキーのキーが必要な場合は、機械が設置されている店を探す必要があります。

ホームセンターや一般的なキープロダクションショップで扱われないものがあるので、ディンプルキーを作成できるデバイスが設置されていないロッカーに持ち込んだとしても、マッチキーを作ることはできません。

さらに、不正な作成を防止するために個人情報登録システムを導入した店舗の場合、鍵の製造者に直接鍵を製造するよう依頼するしかない。

キーをメーカーに送信する必要がありますので、急いですぐにキーを取得することはできません。

また、キーが複雑になればなるほど、生産に費やす時間とコストが増えます。

伝統的なギザギザのキーは約1,000円で鍵を作ることができますが、ディンプルキーのコストは約2〜5倍の約2,000〜5,000円です。

近年、防犯上、ディンプルキーを用いた物件の数が増えている。

あなたが家賃の鍵を握ると思ったら、覚えておいてください。

よく尋ねられるトラブル

キーを手渡す相手は、しばしば長年の友人や恋人と呼ばれます。

もちろん、私はほとんどの人が “私が信頼するので、私はそれを渡す”と思うと思うが、信頼できる相手にさえも注意する必要がある。

一般的なレンタルの共通の問題は、「私は恋人に鍵を渡したが、分裂後に無断で侵入した」ということです。

このようにして、あなたがキーを与えたパートナーから疎遠になり、相手が依然としてキーを持っているという状況は非常に危険です。

実際に深刻な事態に発展したケースはあまりありません。

このような場合は、別のキーに変更することをお勧めしますが、その場合は管理者の許可が必要です。

早急に同意し、トラブルが発生する前に鍵の交換を許可することをお勧めします。

誰かに鍵を渡すときは、「あなたを信じる」や「あなたはこの人のためだけに侵入しない」など、不注意に何かを与えないように注意してください。

まとめ

レンタルでキーを作成するときは、管理者の許可が必要な場合があります。

鍵だけでなく部屋も守り、「借りる」という意識を持ち、自分で鍵を作ってはいけません。

また、レンタルアイテムの場合、出発時にキーを返すが、常にキーを返す。

あなたがそれを返すことができない場合は、あなたは新しいキーの建設費などの費用がかかる場合があります

そして、鍵を渡す相手には注意してください。

キーイングによる人間関係のトラブルはほとんどなく、すぐに起こる可能性があります。

あなたが信頼している人か、それとも良い人であるかにかかわらず、あなたが本当に大丈夫かどうかを判断してください。

また、通常の見地からは、手渡した後に問題を起こさないようにキーを扱ってください。

関連記事

ページの先頭へ