賃貸の鍵交換に許可がいるって本当?

マンションなどの賃貸物件に住む人々は、「最近、部屋のセキュリティとして鍵を交換したい…」と心配しています。

また、「私の鍵を紛失したので部屋を変えなければならない」と多くの人が言う。

鍵を交換したい場合でも、レンタルの場合は、鍵交換を任意にすることができますか?

私は自分で経費を支払わなければなりませんか?

それは間違いありません。

したがって、このコラムでは、このような問題を解決するために、鍵交換をリースで説明します。

鍵を交換する際に注意すべき点もありますので、参考にしてください。

賃貸住宅の鍵を任意に変更することはできますか?

いいえ?

基本的にリースによる許可なく鍵の交換はできません。

主に2つの理由がありますので、それぞれを説明します。

オーナーシップは管理者にあります

賃貸住宅は、マネージャーから建物の部屋を「借りて」そこに住むことです。

したがって、部屋と家具などはマネージャーが所有しています。

家賃と自己交換キーを行うことは、所有権を侵害する行為です。

また、「テナントが安全に暮らすことができる環境を提供する」というマネージャーの義務があります。

許可なしに鍵を交換し、その部屋で火事や事故が発生した場合、すべての責任が住居内にあるかのように損害賠償を求められることがあります。

管理者が購入負担を負担しなければならない場合があります

最初に設置された機器を変更すると、賃貸住宅が建物の価値を変えることがあります。

鍵が許可なしに交換され、建物の価値が上昇すると、退去時に管理者が管理人を犠牲にして購入しなければならないものがあるようです。

以上の理由から、基本的には、無断で管理者の許可なく鍵の交換を行うことは禁止されている。

それはまた様々な権利を侵害し、問題の場合にはあなた自身に不利になるかもしれないので、許可なくキーを交換しないようにしましょう。

私の鍵を紛失したときなど、誰が費用を負担するのですか?

鍵を紛失した場合は、犯罪防止のために別の鍵に鍵を変更する必要があります。

もちろん、賃貸借では、鍵を恣意的に交換すべきではないので、それをマネージャーに報告しなければなりません。

だから、誰が建設費と主要な購入費用を担当していますか?

結論として、「借り手」は負担を負います。

国土交通省「原状回復のためのトラブルと指針(2011年改訂版)」には、「原則として、借り手は
キーを失う ”

さらに、「借り手が主要取引所手数料の責任を負う契約書には、借り手が負担しなければならない」という内容がありました。

キーを紛失した場合、それは基本的に借り手が負担するものであることを覚えておきましょう。

ただし、特別な事情により、費用負担が免除されることがあります。

例えば、手荷物が離れる直前に移動された場合、長距離の場所で紛失したときです。

犯罪防止にはほとんど問題はなく、テナントの変更時期であったため、借り手が負担する必要はないというケースがあった。最終的に決定するのは管理者であるため、管理者に応じて「忘れないでください」または「次を監視」で行うことができます。

逆に、借り手が明らかに責任を負わない場合でも費用が請求されることがあります。

鍵交換は面倒なケースなので、鍵についての基本的な知識は事前に持っていきましょう。

古いキーの場合は、セキュリティを強化するためにキーを交換する必要もあります

ギザギザ形状の部品をシリンダに挿入して回す「ディスクシリンダロック」または「ピンタンブラロック」は一般的なキーです。

これらは現在非常に古いタイプのキーで、どちらもピッキングには非常に弱いため、防犯上大きな懸念があります。

このような種類のキーを使用するプロパティであれば、可能な限り交換したいと思います。

もちろん、これらの場合であっても、レンタル時に鍵を交換する際には許可なく物事を行うことは禁じられていますので、最初に管理者に相談しましょう。

この場合も原則として借り手が費用を負担することが多いが、生活を守ることは重要な課題であるため、マネージャーにマネージャーを説得させて理解させる。

状況に応じて、マネージャは費用を負担し、鍵を交換することができます。

鍵交換された家を去ることに対処する方法

賃貸物件の場合、部屋を借りている借り手には、「出発時に元の状態に戻す義務」があります。

これは「私は部屋の状態を借りる前に条件に戻る必要があります」です。

したがって、鍵交換が行われた場合、元の鍵に戻す必要があります。

「セキュリティ上の理由から、犯罪防止能力の高い鍵を交換すれば、大丈夫だと多くの人が考えていますか?」

ただし、次の居住者が来る前に、管理者が新しい鍵を交換する必要があります。

賃貸借では、この義務は退去時に発生し、管理者が適切に許可を得ていても、必ずしも鍵を随意に交換する必要はありません。

退去時の元の状態の回復によるこのような鍵交換であっても、借手が費用を負担する必要があることが多い。

契約書、ガイドライン、管理者、鍵交換の時期によって対応が異なるため、知識を自分で確実に固めることが重要です。

まとめ

リースでは、鍵の交換は許可なく行うべきではありません。

それは建物や部屋の一部なので、マネージャーの許可が必要です。

また、借り手は基本的にコスト負担を借りていますが、それは経営者や状況によって変わりますので、しっかりと話しましょう。

古い鍵のような防犯を心配している場合、特に他の住民のために管理者を説得することを目指します。

トラブルになりやすい問題ですが、議論や知識を通じて円滑に進む問題です。

あなた自身を守るために、鍵をしっかりと調べ、鍵を交換しようとしましょう。

関連記事

ページの先頭へ