家の鍵を紛失したらどうすればいい?

鍵は非常に重要です。

あなたが自宅にいるとき、外からあなたを守り、外出しているときに防犯の役割を果たします。

小さな鍵は、私たちをさまざまなものから守ります。

私たちの生活は常に鍵で保護されていると言っても過言ではありません。

しかし、あなたが疲れている、または忙しい時、私は鍵が小さすぎると思って、時々「失った」と思います。

多分誰もが鍵を落とした経験がありますか?

今回は、「キーを紛失したときに何をすべきかわからない」と言っている人には、このキーをどのように処理するかを説明したいと思います。

鍵を落としたかもしれない……緊急事態に対処する方法

キーを落とすときは誰もが辛抱強くなります。

「まあまあ、ずっと前になったはずだった…」「見つからなければ何をしますか?」時間が経つとパニックになる。

特に仕事場で疲れて夜遅くに戻ったり、一度に部屋に入ったりしたいときに。

しかし、私はそれをまったく見つけることができません…

このような緊急の状況では、アンパックキーのキーを要求することをお勧めします。

プロのキーイング専門家に尋ねると、ケースに応じて、約5〜30分で解決します。

鍵を開く際に身分証明書を提示することがありますので、準備しましょう。

それを見つけるためにラッシュよりも鍵を開くようにロッカーに依頼する方が早いかもしれません!

キーを紛失した場合の対処方法

それでは、実際に鍵を失うとどうしたらいいですか?

キーが第三者の手に渡されると、家のものが取られることがあります。

このような状況を防ぐために、ここで適切な対応を覚えておきましょう!

①最初にセトリング!

まず第一に、焦りは禁じられています。

あなたは不安を感じることにせっかちなことを理解することができますが、その状態のものを検索すると逆に見落とされる可能性があるので、鍵を見つけるのは難しいかもしれません。

一度穏やかにしましょう。

②考える場所を見つける

あなたがあなたの周りにいるかどうか再度確認しましょう。

あなたは服のポケットの中かバッグの底の中にいるかもしれません。

また、あなたが急いでそれを探しているのなら、詰め物は大丈夫です、実際にはそれはもっと遅れていました…私は物事があると思います。

本当にあるかどうかを確かめましょう。

あなたがあなたの周りにいないなら、それはどこかに落とした可能性が高いです。

鍵の長さを覚えていますか?

あなたがそのキーを覚えていれば、あなたがそのことを覚えておきましょう。「店に財布を書いた時があったように見えます…」

それはトイレに残っているかもしれない、多分何か。

【チェックする場所】

・エントランス

・トイレ

・車内で・出かける

・別のバッグ

また、あなたがあなたの鍵を失ったときに、あなたは他の人に知られてはいけません。

悪意のある人がキーが失われたことを知っている場合、キーを見つけた後に悪用される可能性があります。

同様に、リスクがあるため、SNSへの投稿は避けるべきです。

③警察に通報する

それが見つからない場合は、紛失したアイテムをすぐに警察に報告しましょう。

警察に電話するには少し誇張されているように聞こえるかもしれませんが、通知を送信することで損失はありません。

夜遅くまで対応することができます。

日本の安全が確保されているため、紛失した物が警察に到着する場合がありますが、必ずしもそうではありません。

紛失直後に連絡が来ることもありますが、しばらくしてから連絡があるようです。

警察からの連絡が強くなるのを待ちましょう。

また、誰かが鍵を開けてしまえば、誰かが鍵を拾うのは難しいです。

そのため、鍵と鍵を交換するためにロッカーを遅らせることをお勧めします。

鍵のトラブルは火災保険で補償することができます

実際には、鍵を紛失したときに火災保険で補償できる場合があることを知っていますか?

まず、どのような火災保険がありますか?

火災保険は家庭や家具を補う保険です。

火災などの家庭に関連するさまざまな災害、雷雨、水漏れ、車のクラッシュなどの補償を行います。

この災害では、鍵の紛失が含まれている場合があり、ロック解除費用は無料である場合があります。

ただし、すべての火災保険は補償していないことに注意してください。

キーをもう一度ドロップしないようにする

さまざまなシステムがこのように準備されていますが、キーを削除しないことをお勧めします。

それでは、鍵を紛失した状況をどうやって排除できますか?

再び、ポイントは失わない措置を考案することです。

このセクションでは、忘れることのない創造性について紹介します。

どこを出るか決定する

あなたがどんなに疲れていても「ここに残してください」と決めましょう。

外出するときに、キーを置く場所を決めたら、キーを見つけることができないときに盗まれたのかドロップされたのかを、2つの選択肢に絞り込むことができます。

“あなたはここにいるべきだったが、これはこれ?”
それを見つける手間を省きます。

キーホルダーをオンにする

万が一キーホルダーを落とすときに便利です。

キーホルダーにあなたがそれらを落とすときあなたがうまく聞く鈴があるようにしましょう。

これは、非常に低コストで損失を防ぐことができるので推奨されます。

まとめ

キーは年齢や性別にかかわらず誰でも運ばれますが、常に損失の危険があります。

鍵を落とすときは、気楽になる傾向がありますが、落ち着いてからもう一度試してください。

それでも見つからない場合は、プロの専門家に相談してみましょう。

キーを開くだけでなく、キーを交換したりキーを作成したりすることができる場合があります。

関連記事

ページの先頭へ